オセロはどこの国で生まれたのか…

オセロは、海外のゲームだと考える人が多いのでしょうが実は『日本』です。

オセロを発明したのは、日本のゲーム研究家・長谷川五郎さんなんです。

長谷川さんが中学生だった頃、自分で考えたゲームで友達と遊んでいたのがオセロの始まりです。

大人になって製薬会社に勤めるようになった長谷川さんは、牛乳ビンのふたを張り合わせて石を作り、そのゲームを病院に広めました。

それが評判になり、ゲーム会社から【オセロ】という商品として発売される事になったのです。

私も牛乳ビンのふたで遊びましたねぇ!オセロではなくメンコでしたけど(^o^)

☆【オセロ】という名前はどこからきたのでしょう。

それは、イギリスの有名な作家・シェイクスピアの作品【オセロ】です。

黒人の将軍オセロと白人の妻デスデモーナの波乱万丈の人生を描いた物語。

それと、白と黒の石が次々に返されるゲームの様子が似ているので【オセロ】と名付けられたのです。

オセロがシェイクスピアの作品からつけられたて私も初めて知りましたね!

長谷川さんのおかげて庵でオセロ大会もできるんですね(^o^)

今月15日の13時~開催しますので、たくさんの参加者お待ちしてます(^o^)

 

今後のいおり杯の予定はこちらから

スタッフ山田